「福岡女子大学で二三代さん講演!」

楽しそうに話をする二三代さん

楽しそうに話をする二三代さん


6月25日(月)に福岡女子大学で、なんと二三代さんが講演しました!前々から、一度母校で講演したいと希望していましたが、やはり口に出して言ってみるもんですね。
 
 
昨年から同窓会の理事をしており、いつも梅木陽子先生と隣同士で、今回のご縁となりました。一応、私は取材ということで同行しました。数年前に建て替わっており、立派な校舎です。
 
 
車両正門というところから入り、駐車後、宝塚の階段のような長い長い階段を登っていきます。約束の小会議室で、研修係の女子大生たちとお会いしました。
 
 
 その小会議室で20名程度を相手にお話するのかと思いきや、「今日の参加者は何人ですか?」という二三代さんの問いかけに、「230人です」という答。
 
講演前に打合せ

講演前に打合せ


 
 心の中では230人! とビックリしましたが、二三代さんは「あっ、そうですか」と平然としています。
 
 
一年生は全員寮に入っており、その一年生が全員参加するとのこと。毎週月曜日にイベントをやっており、外部講師を招いては初めての事例だそうです。
 
 
 案内されると、1番大きな大教室にびっしりと座っています。それでも、平然と準備する二三代さんを見て、感心しました。
 
 
更に司会から紹介を受けて演台に立つと、ま~楽しそうにしゃべり始めます。思えば、12年前に東京お台場の日航ホテルで、経営者100人以上を前に、楽しそうに話していました。見ているこちらの方が緊張してしまいました。 
 
230人を前にしてもビクともしない

230人を前にしてもビクともしない


    
 その時は、トイレで出版コンサルの土井英司さんに隣り合わせになり、「奥さん、声がいいですね!」とほめてもらいました。
 
 
当時は紙の原稿を手に持っていましたが、今はパワーポイントがあるため、スラスラとしゃべります。
 
 
 演題は、会計事務所で働いているということで「大学生から知っておきたいお金の話」です。
 
 
自己紹介で、英文学科を出ているのに、なぜ会計事務所で働いているのか? 15年間専業主婦だった私が、税理士資格もないのに、どうやって会計本を出版し、講演、セミナー講師になり、経営相談の話ができるようになったのか? 毎年家族で海外旅行に行き、事務所以外でも仕事ができる仕組みを作り、ワークライフバランスを実現できたその方法は? などを話します。
 
 
 最近、久々にカラオケルームで盛り上がりましたが、どっちが楽しい? と聞くと、やっぱり講演でしゃべっている方が楽しいそうです。
 
 
 特に最近は、セミナー講師というよりも、会計事務所の本業に追われています。しかし、 二三代さんの話しっぷりをみれば、立派なセミナー講師です。どうして緊張しないのかと聞いてみると「誰も私に期待していないもん」ですから、たいしたもの(心臓)です。
 
厚かましくも自分の本を紹介

厚かましくも自分の本を紹介


 
 講演内容は、事前に学生さんからもらっていた質問にお答えし、人生を8分野に分けて、同時進行で実行していく人生計画を紹介します。
 
 
8分野とは、マンダラ手帳の松村先生から教えて頂いた健康・仕事・経済・家庭・社会・精神・学習・遊びの8つです。
 
 
 
 そして、お金の稼ぎ方、使い方、貯め方、増やし方それぞれについて、語ります。ここでは本田健さんの「お金の通信コース」がとても役立ちました。
 
 
貯めることばかりに集中して、行動をしないことの方が難があると思います。使って初めて生き金となり、更に自分のところに還元してきます。
 
 
 使い方のところで二三代さんは、①浪費しない、②節約ばかり言わない、③分かち合う、④消費と投資の違いと、自分の言葉で話していました。
 
 
 投資というと何かにお金を出すこととつい思ってしまいますが、自分に対する投資、子どもに対する投資はお金ばかりではありません。健康管理にしても、勉強にしても、まず自分への投資が大切だと思います。
 
 
学生さんたちの初々しい姿が印象的でした。どうぞ、これから勉学、就職、結婚と頑張って下さい!
 

山崎隆弘

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check