「宗学院研修旅行 初参加!」

是山恵覚和上ゆかりの真行寺で記念撮影

是山恵覚和上ゆかりの真行寺で記念撮影

 
平成30年10月30~31日、浄土真宗本願寺派宗学院の研修旅行に参加しました! 宗学院1回生なので初参加です。
 
 
旅行の係は1回生がすることになっていますが、伊藤顕慈さん、渥美光さんにして頂き、助かりました。私は職業柄、会計係をさせてもらっています。
 
 
 旅行係のお二人が下見までしているだけあって、ほぼ予定通りに観光、研修できました。
 
 
バスをチャータしての移動で、私は伊藤雅玄さん(顕慈さん兄)と一番後ろの席に座り、日頃話す機会のない雅玄さんとよくお話できました。
門司の光圓寺で、意外と金山玄樹さんの浄圓寺と近く(場所、縁戚)、奥さんの麻李さんとは、なんと青山学院大学での同級生で同じクラスだったそうです!
 
 
 今年の北欧家族旅行のときには、麻李さんの会社の上司の人がそのツアーに参加しており、会話の中で名前を出したら、ひどく驚かれました。こちらもビックリです。
 
 
宴会始めの浅田和上の挨拶

宴会始めの浅田和上の挨拶


 岡山駅に集合し、まずは法然聖人の誕生寺にお参りです。一度、聞法旅行で行ったことはありましたが、宗学院講師の和上方も参加されており先方の対応が丁寧です。
 
 
 浄土宗の勤行とお話を頂きました。念仏はまさに十回(十念)です。宝物のところも見せてもらいました。門のところで早速記念撮影です。
 
 
伊藤さん自坊の立派なカメラで、タイマーでの撮影ではなく、なんと遠隔操作! でのシャッター切りです。
 
 
 お昼から早速の御馳走で、午後お参りがないということでビールが出ました。午後は島根県松江市の中村元記念館です。著名な仏教学者で、書斎が再現されており、蔵書の10分の1が配列もそのままに展示されています。
 
 
 蔵書は印度学、仏教学以外の浄土真宗の本、他の宗派の本も多く、かなり幅広いものです。『仏教語大辞典』の原稿3万枚が、出版会社の引越し騒ぎの中で紛失したお話を伺いました。その後、8年がかりで再現され完成されています。敬意を表して、アマゾンで買わせてもらいました。
 
真行寺にある経蔵の是山和上蔵書

真行寺にある経蔵の是山和上蔵書


 
 泊まりは玉造温泉の玉造グランドホテル長生閣です。出雲には今年のゴー ルデンウィークにも行きましたが、玉造温泉は初めてです。立派なホテルで、早速、温泉で汗を流し、宴会です。
 
 
 浅田和上、深川和上、武田和上、宇野和上、福井和上を上座に研究員、研究生が脇に座ります。和上方にお酌にいき、論文のアドバイス等を頂きました。なかなかこのような機会はありません。
 
 
 一息ついて、22時フロント集合で近くのスナックにほぼ全員で行きます。広いスナックで、完全に貸切状態です。矢継ぎ早にハイボール、水割り、おつまみが出され、カラオケ大会です。ソフトバンクVS広島の日本シリーズ第3戦中で、ホークスが勝ち福岡の福井和上は盛り上がっていました(私も)。
 
 
近場のスナックで盛り上がる2次会

近場のスナックで盛り上がる2次会


 私はサザンの「東京VICTORY」を気分良く歌わせてもらいました。帰りに武田和上から声をかけて頂きました。
 
 
 2日目は、午前に是山恵覚和上ゆかりの真行寺にお参りしました。大正13年に宗学院を創設した方です。さすがに勉強家で今でも経蔵が残っています。
 
 
そこに和上が勉強された本が積み上がっており、和綴じの本もたくさんあり、和上方が感心されていました。
 
 
足利義山和上

足利義山和上


 午後は足利義山師ゆかりの勝願寺にお参りしました。今年、没後108年になります。破天荒な性格で、養子で迎えられ、門徒方からNGを出されますが、ご両親方の信任により事なきを得ます。
 
 
勧学になったのを契機に、コタツが燃え上がっても気が付かないくらい猛勉強をしたそうです。娘さんの甲斐和里子さんの遺品もたくさん展示してありました。和里子さんは京都女子大学の前身、顕道女学院の創始者です。
 
 
 宗学院で行くと、通常見られないようなものも見せて頂き、とても有意義な研修旅行でした!
 

山崎隆弘

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check