「谷書店」

真宗関係者では有名な谷書店

真宗関係者では有名な谷書店

西本願寺、龍谷大学に行く途中に「谷書店」があります。七条堀川通りの交差点にあります。真宗学を学んでいる人には馴染みのお店です。
 

 龍大大学院に通っているときに、谷書店でかなりお買い物をしました。日頃は博多にいるので、龍大の図書館で本を見たり借りたりするのは手間です。

 

 例えば、光は今年修士論文を書いていますが、そのために毎週、熊本学園大学の図書館、自習室に通っています。書籍をみるだけに京都通いすることはもったいないので、地元で研究できるように、主要なものは、谷書店でほぼ揃えました。

 

 例えば、『真宗叢書』は全巻で50万円近くします。そのうち一巻だけ途中ページが抜けているものが置いてあり、格安で手に入れることができました。

 

 そもそも、修士課程から博士課程に上がるときに、最大の動機は、この蔵書を2年間のみの使用となるのはもったいないでした。

 

 たくさんお買い物をするので、谷書店さんとお話をするようになり、この『ヤマサキズム』を送るようになりました。有り難いことに奥さんが熱心な読書となって頂き、本屋に顔を出すと、必ずニュースレターの話題を話されます。

 

写真撮影に照れる奥さん

写真撮影に照れる奥さん


 私より詳しいのではと思う程、隅から隅まで読んでおられます。最近は、娘たちも原稿を書いているため、家族の話題となります。特に家内には興味があるようで、「二三代さんによろしく」といつも言われます。

 

 ご主人は、さすがに真宗の本にはお詳しく、尋ねるといろいろと教えて頂きます。先日は、宗学院で香月院深励の『浄土論註講義』のことを聞き、アマゾンで検索するとなんと113万円! です。帰りに谷書店に寄ると、復刻版の定価18,000円で在庫があることを教えてもらい、思わず買ってしまいました。

 

 深励の『浄土三部経講義』全3冊もありました。これからもお世話になります。

山崎隆弘

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check