「安心君のおかげ」

第2部は文章講座

第2部は文章講座


 

 
「安心君」なんのこっちゃ、である。
「安心君」とはクラウドシステムのことで、
PDFにした書類や弥生会計のデータを鍵のかかったクラウド上に保管できるシステムのこと。
 
 
 
しっかりしたシステムなので、もちろん有料。
うちの事務所が7年間分の莫大なお客様の申告書類や
事務所の必要書類を保管する本棚がないのは、まさに「安心君」のおかげなのだ。

 

 しかもお客様ごとにクラウドフォルダを作成し、個別にデータのやり取りができる。
しかもしかも、ネットが繋がる環境ならば、たとえ海外にいようともそれらの書類を見ることができる。

 

 いや~、所長が週に1回京都の龍谷大学院に通えるのもこのシステムのおかげなのだ。
事務所で扱う重要書類を軽々しくメール添付などできない。
だから事務所スタッフが「所長、〇〇会社の書類を安心君にアップしたので見てください」
と所長にメールを送ると、所長はパソコンから安心君を立ち上げて、フォルダを見に行く。
するとそこには書類がアップされている・・。

 

 いやいや、15年前なら考えられなかったようなシステムがドンドン開発されている。
無料のドロップボックスなどあるけれど、それらのセキュリティの信頼性、
継続性に懸念があるので、事務所として使えない。

 

第1部は「税金と生活」

第1部は「税金と生活」

 
 

さらに、この「安心君」、
パソコンだけでなく、
iPhoneからもアップされたPDF、エクセル、ワードも見ることができるときたもんだ。

てやんで、どうだい、江戸っ子だってね。
いえ、博多モンです・・。
 

 決して私は「安心君」を開発販売している登坂社長から頼まれて
売り込みチラシを書いているのではありません。
この会社の働き方と登坂社長の社員を大切にする姿勢にいたく感銘しているのだ。

 

システムを開発しているのは男性1名、女性6名の優秀な社員方。
働き方改革のお手本になるような、みなさん在宅だ! 

 

親の介護や小さなお子さんを抱えて家を離れることが
できない方々をあえて正社員として雇っている。
東京に会社は構えているが、社員さんたちは長野県、福島県、埼玉県など。
毎朝スカイプでミーティングをし、2か月に1回は全員会社に出社して顔を合わせる。

 

研修後の昼食会

研修後の昼食会

 
 

 そしてそのミーティングの際には外部講師をよんでセミナーをしてもらい、
自宅にこもりがちな社員さんに刺激を与え、
社員同士のプレゼント交換による誕生会をし、昼食を共にする。
11月16日(木)にここへ所長と私が招かれてお話をさせていただいたのだった。

 

 所長は「生活と税金」、私は「文章講座」で合わせて80分ほどの話だった。
私は社員さんたちを見ていると、生活に密着したリアルな生き様を感じる。
様々な立場、事情、ライフスタイルがありながらも、自分のできることをコツコツと淡々としている。

 

人と比べる必要もなく、「私」である姿。
落ち込むこともあるだろうけど、前へ進もうとする力を感じる。
そんな社員さんに囲まれたひと時だったが、とても居心地がよかった。
登坂社長、お招きくださり、ありがとうございました。                    
 
 

山崎二三代

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check