すべては出会うため

8月、9月はユウ、ヒカリの誕生月

8月、9月はユウ、ヒカリの誕生月

実は今まさに長女が軽い手術を
受けている最中に
控室でこの原稿を書いている。
 

娘本人、先生、看護師さんに
頑張ってくれと託す以外に、
心配するしか私には何もできない。
心落ち着かないまま指がパソコンを打っている。

 

 私も何度か手術を経験してきた。
何度もお見舞いで病院に足を運んだこともある。
でも、やっぱり病院は好きになれない。願わくば病院のお世話になりたくない。

 

こうしてラウンジで待っている間も、入院患者さんが入れ替わり立ち代わり来て、
自分の病状について語っていく。耳に入れたくない情報が入ってくる。
一人座って涙をそっと拭いている人もいる。黙って見て見ぬふりをする。

 

 そんな景色をぼんやり眺めながらナチュハイを真面目にするぞと誓い、
どこまでも自分は元気で生き抜こうと思う。
入院患者さんと自分は違うと線を引いている。
しかし、人間は愚かだから、病院から一歩外に出ると、そんな誓いも忘れてしまう。

 

 病気になることは苦しいことで、
悔やんだり何か悪いことをしたかと我が身を振り返ったり、
泣いたりもするのだが、それを悪いことではなく、
何かのメッセージ、知らせと受け取ることはできる。

 
所詮、私には善し悪しはわからない。
すべては阿弥陀仏に出会うご縁だと聞かされれば病気にも頭が下がる。

 

中断。無事に手術が終了した。皆様ありがとうございました。                   

山崎二三代

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check