今月の一言( 2017.5 no.101)

御当流(浄土真宗)には二つのものがある。
すて物と拾い物との二つがある。
すてものというのは如来様のお胸の中を色々に計ろうて、
ああすれば助かる、こう思えば救われるとくよくよ案ずる心です。
此の心をすてなければ、拾い物の南無阿弥陀仏の名号がいただけません。

堀尾よし『善き知識を求めて』(伊藤康善著)

少(わか)くして学べば、
則ち壮にして為すことあり
壮にして学べば、則ち老いて衰えず

『言志四録』(佐藤一斎)

人生は二度しかない
生まれたときと、死に直面したときと

ジェームス・ボンド『007は二度死ぬ』(イアン・フレミング著)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check