「三度目の殺人」

三度目の殺人

三度目の殺人

監督:是枝裕和
出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず
製作年度:2017年
「そして父になる」の是枝裕和監督と
福山雅治が再タッグを組み、
是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。

 

是枝裕和監督の作品「海街ダイアリー」「そして父になる」も見たことはなかった。
なんだか、狙っている、感じがしたからだ。
福山雅治や広瀬すずを起用したと聞いても食指は動かない。
ところが、今回の「三度目の殺人」は日経新聞でも絶賛されていると聞いて見に行った。

 

 是枝監督にヤラレタ。
見事に深層心理を描いていた。
これは監督の司法の真理を突いたオリジナル作品だという。
誰かの原作本があったわけではない。ビックリだ。

 
深層心理といっても、役所広司演じる犯人役の
胸の奥に秘めたドロドロとした復讐心を描いているわけではない。

 

 ひょうひょうとして、淡泊でドライな印象。
証言を二転三転させる。「有利だから証言しろと言われた」「自白を迫られた」等々、
テレビで良く聞くフレーズで、真実はどこだ? と思わせる

 
(パンフレットに書いてあったのだが、司法の場では、
検事も弁護人も裁判官ですら誰も真実に興味がないらしい。
その話を聞いて是枝監督は映画を作ろうと思ったとのことだった。)。

 

 さて、犯人は薄っすらと笑みを浮かべながら、周りを翻弄させていく。
観客も曖昧でモヤモヤした気持ちを抱いていく。
だが、彼はハッキリと自分について語っている場面がある、と私は思う。

 
接見室で福山雅治演じる弁護人と面会する場面で
アクリル板越しに二人の手のひらを合わせるシーンがある。
伝わる感情。言葉に出したくない思い。
こういう描き方をする是枝監督は人間というものをよく理解しているなと思う。

 
 言葉にすると嘘っぽくなる。
言葉にすると真実が逃げていきそうになる。
言葉にすると誰かを傷つける。

 
もともと人間はパソコンのように検索すれば答えが見つかるというものでもない。
タイトルである「三度目の殺人」も、カメラアングルも素晴らしい作品だ。もう一度見よう。

山崎二三代

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check